top

What is the GO! Project?

The DD Coalition created Grassroots Oregon (the GO! Project) in July 2004 to connect regional advocates, identify issues of concern in communities statewide, and provide technical assistance regarding issues related to individuals with developmental disabilities.

The GO! Project strives to help people with disabilities and their families educate others – including the general public, state and local government officials, and public agency staff – about their stories, their concerns, and the impact of policies effecting people who experience developmental disabilities.

The GO! Project provides an information clearinghouse on state DD issues by maintaining the Oregon DD Coalition website and related materials as well as sending out email bulletins. GO! is also building a strong network of Oregonians concerned with issues related to people with developmental disabilities through grassroots organizing and training activities. The project works to make sure the perspectives of people with developmental disabilities are represented in statewide forums and discussions about funding and policies.

The 77th Oregon State Legislature is getting started and we have tools to help you get ready: Bill Tracking Reports, New Fact Sheet, Photo Rally Sign & Calendar of Advocacy Events at the Capitol

The mission of the Oregon DD Coalition is to promote quality service and supports which respectfully further the rights, equality, justice, and inclusion for all Oregonians with developmental disabilities and their families.

Joining the Oregon Intellectual / Developmental Disabilities Coalition gives developmental disability organizations throughout Oregon the opportunity to work closely with other professionals, self-advocates and leaders in the field. While members of the Oregon Intellectual / Developmental Disabilities Coalition represent a variety of perspectives, we all share a common mission to promote quality service and supports which respectfully further the rights, equality, justice, and inclusion for all Oregonians with developmental disabilities and their families.

The Oregon Intellectual / Developmental Disabilities Coalition meets in Salem on the first Tuesday of each month to share information and take action. If you are interested in becoming a Coalition Member, complete the Membership Application and send to the Oregon Intellectual / Developmental Disabilities Coalition via email or send to PO Box 13924 | Salem,

The Oregon DD Coalition provides information on current trainings for people who support individuals with developmental disabilities, including direct support providers, family members, self advocates and related professionals.

We want to provide cost-effective opportunities for you to get support, motivation and instruction. We also want to connect you to opportunities to network, problem-solve and share best practices. We invite you to participate in trainings about providing supports in ways that enhance the lives of the people you are working for, and enhance your own life and opportunities. When providers, self advocates and family members are secure, skilled, and happy, support is more successful. Our goal is to help you achieve this!

We will continue to share trainings on topics specific to disabilities and related best practices, time-saving and enjoyable paths to healthy lives, how to access resources in the community, and much, much more!

便秘は、国内の手段を処理することが通常可能です。

治療は便秘を避けるために、流体と繊維の摂取量を確保するだけでなく、食品を原因に基づいています。また、運動は良い治療法です。

腸は、例えば、マグネシウム、塩水、または浣腸を強制的に国内の手段を空にすることができますブロックされました。

薬剤師は、処方箋なしでも、下剤のほとんどを取得します。

必ず水分摂取を作ります

少なすぎると水の摂取量は、便秘を引き起こす可能性があります。

それは糞便から流体を除去するので一方のコーヒーは、あなたの胃を強化することができます。

これらは、常に自分自身に注意を払うことができないよう具体的には、あなたは、子供たちのために飲むように注意する必要があります。

同様に、高齢者の介護は、ドリンクの定期的な提供の世話をする必要があります。

充填剤と水はまた、半分のような液体を含む果物、たくさん食べることによって置き換えることができるスイカ単一の食事で(または他のメロン)。

それを”埋蔵”アクセス消化ので、果物のほかに、同じ食事で他の食品を食べてはいけないと他の食品との組み合わせで鼓腸を引き起こす可能性があります。

繊維をたくさん食べます

高繊維食は便秘のための最良の治療法です。

繊維の優れた供給源であります。

全粒穀物

野菜

パルス

キノコ

種実類

新鮮なドライフルーツとベリー

プルーンは、腸の活動を加速する繊維材料に加えてあります。

彼らは、しかし、自然な腸の活動が損なわれないように、常に食べることをお勧めではありません。

通常の食物繊維は、最も人気があるの、特定の補足されてもよいサイリウム。

胃硬化食品を避けてください

次の食品および飲料はあなたの胃を強化

バナナ(非常に熟したバナナを除いて、地殻が茶色の斑点です)

コー​​ヒー

チーズと牛乳

ブルーベリー

白い小麦粉、パスタなどから作られたパン。

食品のこれらの硬化の使用を制限します。

白い米粒と全粒粉の製品とヨーグルトなど牛乳酸っぱい乳製品を交換してください。

毎日移動

胃の中にハード助けることができる一日の歩行さえ、15分、つまり、任意の運動を過小評価してはなりません。当然のことながら、このようなジョギングのようなより重い運動は便秘の治療より効果的です。

必要に応じて力で、腸を空に

腸がひどく詰まっている場合は、以下の国内の手段を力で空にすることができます。

夕方にマグネシウムの錠剤。マグネシウムの最高の作品。結果は、午前中に発見します。

午前中に小さじ2粗い海塩と混合ぬるま湯のリットルを飲みます。

腸は、時間かそこらをクリア。

浣腸や坐薬。腸は、快適で怠惰な得ることができないように、あまりにも頻繁にこれを使用しないでください。

レシピ使用可能な下剤

処方箋なしで、例えば次のような下剤を得ることができます。

ポリエチレングリコールは、例えば水を結合糞便を柔らかく混合無味粉を飲みます。

ジョイントまたは副作用があるように傾向があります。

例えばオオバコのため、のかさを増加させる天然繊維慢性便秘の治療に安い薬。

ラクツロースは、例えば、チューインガムの過度の使用と思われます。

副作用は、鼓腸を含んでもよいです。

腸内で水分を保持し、小腸を刺激します。

浣腸:非常に速い効果(5-15分)。

急性便秘や慢性便秘、腸開口部。

このようビサコジル、:時折御馳走のためにのみ適して腸刺激性下剤。

6〜12時間に影響を与えます。

ナトリウム:腸を刺激薬。6〜12時間に影響します。

私は治療が必要なのでしょうか?

便秘症状である場合、またはそれが疾患またはアレルギーのための特定の薬剤の副作用である場合に医師が必要とされ得ます。

場合単なる家庭の救済は、必ずしも十分ではありません。

水、繊維と助けていない運動

あなたは食物アレルギーを(これらは、しばしば、アトピー性皮膚炎と関連している)診断未確定しています。

あなたは、その症状が難治性の便秘が含まれる病気に苦しみます。

出典:うんちの時間では、医師がより適切な医療に変更することができます。

あなたは便秘を引き起こす薬を服用しています。